リボ払いを利用することのメリット【あえて掲載】

借金返済 メリットに変わる リボ払い メリット

こんにちは、ちぃちょです。

 

散々リボ払いダメダメって言ってますけどね、リボ払いで背負った借金の返済においては、リボ払いのデメリットはメリットに変わることもあります。

 

デメリットがメリットに変わるってどういうこと!?と思っている人もいるでしょう。

 

なぜ借金返済においてメリットに変わるのか?

 

この記事ではそれについて解説したいと思います。

 

  • 繰り上げ返済が分割よりかんたんにできる
  • 毎月の支払いが一定だから返済金額を固定費として組み込める

 

目次

リボ払いを利用することのメリット

リボ払い メリット

毎月の支払い金額を操作できる

リボ払いと分割払いの大きな違いは、この毎月の支払い金額を操作できるところにあります。

 

分割であれば、支払い回数によって、支払い金額が決まり、一度決めてしまうと、これを変えることはできません。

 

繰り上げ返済も可能ではあるんですが、残債一括のみ認められています。

 

しかし、リボ払いはインターネットから毎月の支払い金額を操作できるんです。

 

カードによって違いはありますが。

 

最低支払い金額5000円で、5000円ごとに設定できるところもあれば、5000円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円と決まっているところもあります。

 

ボーナスが入ったから5万円分繰り上げ返済しよう、ということもできるわけです。

 

逆に今月は厳しいから1万円下げる、とか、最低支払い金額まで返済金額を落とす、とか調整できちゃうわけです。

 

毎月の支払い金額を操作することで収入の増減にあわせて調整ができるのは大きなメリットですね。

 

分割だとそう簡単に調整できないので。

 

毎月の支払い金額が一定で管理しやすい

支払い金額を1万円に設定すると、毎月の支払い金額は変更しない限りずっと、1万円です。

 

元金プラス利息の場合だと、変動はありますが…。

 

毎月の支払い金額が一定であれば管理しやすいところもあります。

 

今月のカード支払い分は1万円だから1万円どかしておこう、みたいな感じで

 

ただ、ガンガン使ってしまえばまったくもってこのメリットに意味はなくなります。

 

ただただ返済のデフレスパイラルに陥るだけなので。

 

なぜ、借金返済においてデメリットがメリットに変わるのか?

借金返済 メリット デメリット 変わる理由

繰り上げ返済が分割払いよりもかんたん

毎月の支払い金額を変更できることにより、繰り上げ返済が分割よりもかんたんになります。

 

分割払いもできないわけではないです。

 

ですが、残債を「銀行振込」のみでまとめて支払う形になることが多い上に、残債全てを支払うことになります。

 

それと、比較するとリボ払いの場合、インターネットから返済金額を変更できます。

 

なので、コールセンターに電話することもなく繰り上げ返済が可能です。

 

例えば、月2万ずつ支払ってるけど、夏と冬のボーナス時期は5万円追加、もできます。

 

もちろん、リボ払いの残債をまとめて支払うこともできます。

 

その際は、コールセンターに電話する必要がありますが…。

 

ただし、常に支払う金額を最低支払い金額に設定すると最終的な利息金額が元金ぶっ超えることもあるので、それだけやらないよう注意が必要です。

 

返済金額をを固定費として組み込める

毎月の支払い金額が一定だからこそ、返済金額を固定費に組み込むことも可能です。

 

なにかの記事で読んだことがあります。

 

貯金を固定費に組み込むことを。

 

固定費って毎月必ず支払うもの。

 

そこにリボ払いの返済金額を上乗せするのです。

 

家賃 50,000円
光熱費 15,000円
通信費 10,000円
リボ払い返済 30,000円
合計 105,000円

 

固定費計10万5000円にしてしまうのです。

 

そうしておけば、残った現金で生活すれば、毎月滞りなく返済することができるはずです。

 

そして、毎月の手残りがわかれば、月いくらでやりくりすればいいのか見えてきます

 

少しだけ生活が楽になるかもしれません。

 

ただ、毎月の支払い金額が一定だからといって、最低支払い金額にすると利息が元金の2倍をこえる、ということがあるので注意。

 

まとめ:リボ払いにもメリットあり!ただし、支払い金額を引き下げないこと

リボ払い メリット 借金返済 支払金額 引き下げない

借金返済におけるリボ払いのメリットについて解説しました。

 

毎月の支払い金額を操作できることと、毎月の支払い金額が一定でだから管理しやすいことがメリットです。

 

もう一度、ポイントをおさらいです。

  • 繰り上げ返済が分割よりかんたんにできる
  • 毎月の支払いが一定だから返済金額を固定費として組み込める

リボ払いは分割と違ってインターネットから返済金額変更が可能です。

 

分割の残債おまとめの場合、銀行振り込みのみしか受け付けてないのでコールセンターに電話して振り込み口座を聞く必要があります。

 

リボの残債をおまとめする場合も電話の必要はありますが、楽天カードにいたっては、インターネットから手続きが可能です。

 

毎月の貯金を固定費と考えることができるなら、毎月の借金返済も固定費と考えることができます

 

リボ払いの支払いを毎月の固定費に組み込んでコツコツ返していきましょう。

 

では、また次回!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる